二重整形を受けるポイント

治療

なりたい目元を決めておこう

二重を作る美容整形は日本人に人気の施術で、仙台にある美容外科クリニックでも二重になりたいと多くの患者さんが受診しています。二重整形を受けるという場合、前もってどのくらいの二重の幅にしたいかを決めておく準備をしておきましょう。事前に決めておくことでいざカウンセリングとなった時、医師にどんな目元にしたいかを伝えやすくなるからです。ただ、希望する二重の幅だと仕上がりが不自然になってしまうという場合、医師が顔立ちに似合う二重の幅を提案してくることもあるかもしれません。西洋人のようなかなり太い二重の幅にしてしまうと鼻など他のパーツと釣り合わなかったり、場合によっては眠そうな目・老けたような目元にもなってしまいがちです。仙台には良心的な美容外科クリニックが多く、患者の希望を取り入れつつ顔立ちに合ったデザインを提案してくれます。もし医師から「二重の幅が広すぎるかも」と指摘された場合は、カウンセリング時によく話し合い自分が納得できる二重の幅を決めるようにすると、失敗のリスクを抑えることができるでしょう。

一重まぶたや奥二重に悩む人が多いということもあり、日本の美容外科クリニックでは二重を作る美容整形が特に人気です。仙台も例外ではなく仙台市に多くある美容外科クリニックでも、日々多くの患者さんが二重整形でパッチリとした目元を手に入れています。仙台の美容外科クリニックで受けられる二重整形の方法は大きく分けて、メスを使わないプチ整形の埋没法とメスを使う切開法の2種類です。埋没法はまぶたの皮膚をまぶたで固定し二重を作る、そして切開法はメスでまぶたの皮膚を切って二重のラインを作るという施術を行います。どちらの二重整形を受けるのが良いのかは希望する二重のデザインや、まぶたの皮膚の厚さなどによって異なります。カウンセリングを受けると医師が適切な二重整形を提案してくれるので、医師と相談し施術法を決めるのがおすすめです。また仙台にあるクリニックでは独自の施術法を開発し提供している所もあるので、各クリニックのサイトを見たり実際にカウンセリングを受けてみて、どのような二重整形が受けられるかチェックすると良いでしょう。