脂肪溶解注射のメリット

エステティシャン

痩せたい部分だけ痩せられる

脂肪溶解注射は脂肪を減らしたい部分に注射するだけで痩せるという、仙台のダイエッターにとって魅力的な注射です。この施術は、全体的な体重を減らすというよりは、ピンポイントでサイズダウンができる注射と考えて良いです。仙台の美容外科クリニックの中でもダイエット系の施術を行っているところで受けることができます。ダイエットをしても頬や顎、お腹やお尻や太ももなどについた部分的な脂肪をサイズダウンするのは難しいです。しかし、美容外科で痩せたいところだけターゲットにして脂肪溶解注射をすれば落とせます。脂肪そのものが注射で解消されるのでノーリバウンドです。施術では脂肪を分解して排出する働きがある大豆レシチンから抽出したダイエット成分を注射します。注射によって成分が浸透していき、脂肪が尿や汗になって体外に排出されてその結果脂肪がなくなってスリムになります。老化とともに代謝が下がって痩せにくくなりますが、脂肪溶解注射をすれば代謝が上がってコレステロールが低下するので中年太りに悩んでいる人にも人気です。

ダウンタイムがないので、美容外科クリニックでカウンセリングをしたあとすぐに脂肪溶解注射をしてもらうことが可能です。外科手術だと大きな決断がいりますが、注射を打つことに抵抗がない人ならば脂肪溶解注射は気軽にできると言っていいです。仙台には脂肪溶解注射をしている美容外科があるので気になるならカウンセリングを申し込むのがおすすめです。注射をしたときにその部分が少し腫れたりする場合がありますが、少しすれば落ち着きます。もしも腫れが引かないようであれば、施術をした美容外科クリニックに電話をして指示を仰ぐことが大切です。当日何もないようであればシャワーができますが、体への負担を考えてお風呂への入浴は控えたほうがいいです。脂肪溶解注射は注射器一本に対し5千円〜9千円が仙台の相場です。注入する量の目安ですが、だいたい両頬で4cc(注射器4本ぶん)、フェイスラインで8?(注射器8本ぶん)が目安となります。ついている脂肪が分厚いならさらに量を増やして打つと効果が出やすいです。